SOCCER ときどき 日常 日記


by rin24th
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

1人はチームのために、チームは1人のために。

4/29(祝) vs清水エスパルス@日立台

今回も速報観戦でした。
“昭和の日”になって始めての試合。
もちろん、昭和の香りがプンプン漂うレイソルさんであるが、そのサポーターズタイムを見れなかったのが悲しい。。。(えっ?そこ?とツッコミが入りそうですが・・・)

試合は速報頼りだったので、実際のスタジアムの雰囲気とかは分からない。
でも速報を通してもヤバイな・・・とは感じていました。
大重さんの速報もまるで自分にも言い聞かせるように「おちつけ」「まだまだだ」という言葉が目立っていた。
他の方のブログ等を拝読しても
・ 気持ちが感じられない
・ ワーストな試合だった
・・・等の意見が多かったな。

サッカーは個人競技ではない。
団体競技だからこそ、一致団結が必要。その中で個人プレーがでるのは構わない。
だけど、画面から伝わるものは個人プレーというより個々がそれぞれ孤立している、周りと絡もうとしないというのが見えてきてしまう。
1人のプレーでチームが翻弄されることもある。逆に意思統一ができていれば1人が孤立してもみんなでカバーができる。
団体競技ってそういうものじゃないのかなぁ・・

その結果、勝てば1人で勝ったとは誰もコメントしない。
口を合わせたかのように「自分1人じゃないです。チームでつかんだ勝利です」という。
逆に負けた場合、「自分がこうすればよかった。力不足です」と自分を責める。
負けたときは誰か1人が必ずしも悪いわけではない。
原因となるものが積み重なって敗因となる。

もっと周りとコミュニケーションをとって、どう動きたいのか、どこにパスを出して欲しいのか、相手のマークのカバーはどうするか・・とか色々意見を選手間で言い合ってもいいと思う。
実際は話しているのかもしれないけど、試合に現れていないと思う。

みんなが勝つ気持ち、前を向く気持ち、攻める気持ちを強く持てば自ずと結果はついてくる。
ピッチで戦えるのは11人なんだから。
誰かがいないから勝てないじゃなくて、出れない選手の分もガンバルという気持ちを忘れないで欲しい。
そんなことを切に願う・・・。

次の千葉戦、またもや現地観戦はできないけど、きっと勝つと信じているから!


【試合結果】
[PR]
by rin24th | 2008-05-01 13:13 | Reysol